自宅出産について

自分達らしい家族の迎え方

病院と助産院では何が違うのか

自宅出産のメリットは妊娠期から共に歩んできた助産師とともに、自分が普段過ごしている一番リラックスできる状況でお産に向き合えるということです。
物理的な環境はもちろんのことですが、当たり前のように夫や子供たちがいつものように傍にいてくれて、出産という自然の営みを日常の延長として新しい命を迎え入れることができるのです。
私は性教育の源となるのは“命を知ることで自分自身を大切に思える”ことだと思っています。自分を大切に思える子は他者も大切にできるからです。もし上の子がまだ幼くて、思いが言葉にならず、記憶に残らなかったとしても、きっと感じてくれているはずです。ただ、どの子に対しても立ち会ったほうが良いというわけではなく、きちんとフォローできる大人がそばにいてあげられることが大切です。何より立ち会ってもらうことをご本人が望んでおられることが前提ですが…。
逆にデメリットはというと、お産後に食事など家事の支援をしてくださる方が必ず必要になるということです。そして一番大事なことは、何か異常が起こりそうなときに、連携している病院に移動しなければならないという労力がいります。お産は母と子の安全が第一です。産婦人科ガイドラインと助産業務ガイドラインという基準に基づき判断と行動をするので、たくさんのご希望があったとしても、安全を無視したことはできません。お産が進行している時であれば状況に応じて救急車で移動します。『搬送』これは本当に“助産師の判断力”が要求されるところで、移動やその後病院での処置など考えて早めの判断をすることもあります。そのため、私たち助産師はチームを組んで必ず分娩時は複数(基本的に3名)の助産師でお手伝いします。“助産師としてこう思う”ということはその都度説明しながら、思いをすり合わせながら、皆さんと一緒に進めていきます。

自宅での妊婦健診について

自宅分娩を選択肢のうちの一つとしてお考えの方は、ご連絡いただけましたらまずはお会いして、お互いの思いを確認し、お産までの流れについてご説明させていただきます。その上で自分がどこを出産場所として選ぶのか、ご家族とよく話し合って決定してください。
説明のためお伺いすることについては、特に料金はかかりませんのでご安心ください。
自宅分娩をご希望された場合、だいたいの流れは以下の通りです。
① 説明・問診 → 思いが固まる (医学的にも問題がないことが前提です)
② ご自宅での妊婦健診開始→妊娠初期・20週・30週・34週では病院での健診
③ 36週に分娩に必要な物品をご自宅に搬入
④ 37週以降の正期産で自宅分娩可能になる
※出産の場所はマンション等でも可能です。
※立ち合いに関して、体調の良い方であれば特に制限はありません。貴重な時を一緒に過ごしたいと思う方と共に過ごしてください。
【料金】
45万円前後となります。
出産日時や分娩経過・使用した薬剤や物品によって料金は変動します。
※当院では出産育児一時金の直接支払制度がご利用いただけます。産科医療補償制度にも加入しています。
産後1か月健康診査料(母子合わせて) 10,000円 補助券が使用できる市町村もあります。

妊婦健診は基本的にご自宅に伺って赤ちゃんの成長や妊婦さんに異常が起こっていないか診ていきます。基本的には血圧・体重・尿検査・むくみ・お腹周りの大きさ・赤ちゃんの心拍確認を行います。
普段過ごされている家庭の状況で、より健康な身体を維持するために、又は生活の中で改善できる点があるのかどうかご一緒に考え、お話していきます。
【料金】
初診 基本健診5,000円+初診料1,000円
再診 基本健診5,000円
分娩監視装置装着時 1回2,000円
情報診療提供書 1通1,000円
紹介状 1通2,000円

※市町村の補助券が使用できる場合、上記の5000円から補助額を差し引いた額を健診時にお支払いしていただくことになります。お住まいの地域によっては償還払い(申請した後で料金が返金される)になる場合もありますので、詳しくは市町村にお尋ねください。

病院との連携について

当院は長岡京市内にある済生会京都府病院の産婦人科(産婦人科部長:福岡正晃医師)と嘱託医療連携をしています。
出産は正常な妊娠・分娩経過をたどっていても、途中で異常が予測される状態に変化したり、予期せぬ出血などの出来事も起こり得ます。そのため、当院で経過をみている妊婦さんでも『妊娠初期』『妊娠20週ごろ』『妊娠30週ごろ』『妊娠35週ごろ』で済生会京都府病院を受診していただき、胎児超音波検査や採血結果などをふまえ、医師・助産師双方で助産院での管理が可能かどうか確認していきます。例えば“妊娠中期からの転院”などご希望があれば、まずはご相談ください。
分娩異常時の応急処置として点滴や薬剤投与については病院からの指示があり、まずはそれで対応しますが、医師と相談の上必要時には速やかに済生会京都府病院へ緊急転院搬送を行います。

赤ちゃんもお母さんと同じく、何か異常があった場合には済生会京都府病院小児科を受診し、必要時は入院(NICU新生児集中治療室もあり)となります。

他、済生会京都府病院が満床などの理由で搬送受け入れ困難な場合「京都府周産期システム」により、受け入れ可能な病院への転院搬送となります。

済生会京都府病院については www.kyoto.saiseikai.or.jp をご参照ください。

産婦人科病棟

産婦人科病棟は3階3B病棟です

新生児室

分娩室

陣痛室

4人部屋(TV・冷蔵庫あり)

 

 
PAGE TOP